知っているようで知らない?パンの「賞味期限」と「消費期限」の違いについて

どうも、パン職人Ken(@pansyokunin_ken)です。

今回はちょっとした豆知識ということで、知っているようで知らないパンの「賞味期限」と「消費期限」の違いについて説明していきます。

似たような言葉なので、この2つの言葉の違いについてあまり深く考えたことがない方は多いと思います。

ですが賞味期限と消費期限には明確な違いがあるんですよ!

最近は社会的にもSDGs(持続可能な開発目標)という考え方が普及し、その中の一つであるフードロスの削減が問題になっています。

最近各種メディアを通じて普及しているSDGsの考え方。その中でフードロスについても触れられています。

そういった観点からも、賞味期限と消費期限の違いについて知っておくことが必要なんじゃないかなと思います。

 

「賞味期限」の意味

まずは最初に「賞味期限」の方から意味を説明していきますね。

賞味期限とは、ざっくり言うと「品質が変わらずに美味しく食べられる期限」のことです。賞味期限が過ぎたからといってすぐに食べられなくなるわけではありません。

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。スナック菓子、カップめん、チーズ、かんづめ、ペットボトル飲料など、消費期限に比べ、いたみにくい食品に表示されています(作ってから3ヶ月以上もつものは「年月」で表示することもあります)。この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。もし、賞味期限が過ぎた食品があったら、大人の方とそうだんしてから食べましょう。
食品は表示されている保存方法を守って保存しておくことが大切です。ただし、一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。

農林水産省HP 「子供の食育 消費期限と賞味期限」より引用  URL:https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/featured/abc2.html

ポイントは「賞味期限は過ぎてしまってもすぐに食べられなくなるわけではない」ということですね。

ですがそれはあくまでも「袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合」ですから、開封してしまった食品は早く食べきりましょう。

 

「消費期限」の意味

次に「消費期限」の意味を説明します。

消費期限とは、ざっくり言うと「安全に食べられる期限」です。

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のこと。お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなど、いたみやすい食品に表示されています。

農林水産省HP 「子供の食育 消費期限と賞味期限」より引用  URL:https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/featured/abc2.html

賞味期限との一番の違いは「安全に食べられるかどうか」です。

消費期限は過ぎてしまったら安全に食べられないということになりますが、賞味期限は多少質が落ちるかもしれないけれど食べても問題ないということですね。

 

パンには「消費期限」が表示されている

普段スーパーやパン屋さんで販売されている袋入りのパンをよく見てみると、賞味期限ではなく消費期限が表示されているはずです。

これは先ほどの消費期限を説明した引用文に書かれている通り、パンは「いたみやすい食品」にあたるので、表示は賞味期限ではなく消費期限になります。

パンはとてもいたみやすく、夏場に常温で置いておくとすぐにカビが生えてしまいます。

パンの種類にもよりますが、水分と糖分が多いパンはかびやすい傾向にあります。食パンは典型的なカビやすいパンですね。

ですから基本的には袋入りのパンは書かれている期限を過ぎたら食べない方が良いということになります。

ただ実際にはカビにくいパンもありますし、保存環境にも大きく影響されますから多少は大丈夫ということもあるかもしれません。そのあたりはパンの状態をよく見て自己判断ということになります。

パンは冷凍保存しておくと大幅に消費期限を延ばすことが出来ますから、冷凍庫に空きがあればすぐに食べないパンは冷凍しておくとフートロス削減につながると思います。
【参考記事】【再確認】パンは冷凍保存しておくといざという時に便利です

 

賞味期限も消費期限も表示されていないパン

さて、世の中には賞味期限も消費期限も表示されていないパンがあります。何だか分かりますか?

そう、パン屋さんで売られているような袋に入っていないパンです。

最近は某ウイルスの影響もあり、全て袋に入れて販売する形態に切り替えているパン屋さんもありますが、カバーをかぶせた状態で袋に入れずに販売しているパン屋さんもあります。

そういったパンは賞味期限も消費期限も表示されていません。というか、表示しようがないですからね。

こういったパンの賞味期限、消費期限に関しては店員さんに聞くのが一番ですが、大体のパンは常温保存だったら買った翌日には食べきった方が良いと個人的には思います。

 

まとめ

今回は、知っているようで知らないパンの「賞味期限」と「消費期限」の違いについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

ざっくりまとめると

  • 賞味期限:未開封で定められた保存方法を守っている場合に、品質が変わらずにおいしく食べられる期限。過ぎてもすぐなら食べられる。
  • 消費期限:未開封で定められた保存方法を守っている場合に、安全に食べられる期限。

ということです。

そして、パンはいたみやすい食品にあたるため、袋入りのパンには消費期限が表示されています。

こういった違いを知っていただき、先ほども紹介したパンの冷凍保存も上手く活用しながら、美味しく、そして無駄なくパンを食べられるといいですね!

パンと一緒に美味しいコーヒーはいかがですか?

パンのお供といえばコーヒーという方も多いと思います。

私もコーヒーは大好きで毎日飲んでいるんですが、毎日飲んでいるとコーヒーを切らしてしまったり、淹れるのが面倒に感じてしまうことはありませんか?

そんな時にはお手軽に美味しいコーヒーが飲めるコーヒーマシンと、定期的にコーヒーを届けてくれるサービスが便利です。

お手頃価格が嬉しいコーヒーカードリッジ方式のコーヒーと、簡単に本格的な味が楽しめるカプセル方式のコーヒーがあるので、ぜひこちらからチェックしてみて下さいね!

ネスカフェ バリスタ【コーヒーカードリッジ方式】


ネスカフェ バリスタ【ネスレ日本公式】

ネスカフェ ドルチェグスト【カプセル方式】


コーヒーマシンが無料でレンタル!/ネスカフェ ドルチェ グスト

キューリグ【カプセル方式】


コーヒー通販 キューリグオンラインストア

こちらの3種類のサービスを比較してみたい方はこちらからどうぞ。

YouTubeでパン作り動画を公開中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です