パン職人に資格は必要?憧れのパン職人になるには

どうも、パン職人Ken(@pansyokunin_ken)です。

このブログを見て下さっている方はパン好きな方が多いと思うんですが、もしかしたら趣味としてのパン作りではなく、仕事としてパン職人になりたいとお考えの方もいるかもしれません。

パン職人は専門職と言うか、職人というイメージから、なるのが難しいとか特別な資格が必要なイメージがあるかもしれませんね。

パン職人は正に文字通りの「職人」です。もしかしたらその辺りが敷居が高いイメージを与えてしまうかもしれません。

でも実際はそんなことはないんですよ!

パン職人に資格は必要なのか、パン職人になるにはどうしたらいいのかをこれから説明していきますね。


パン職人になるには資格が無くてもOK

もう結論言ってますね(笑)。資格が無くてもパン職人になれます。

パン職人には「パン職人免許」といったようなものはなく、基本的には資格が無くてもパン屋さんに就職しさえすればパン職人になれます。

パン屋さんの採用担当の人と話したことがありますが、「パンに関する資格を持っているかどうか」はそこまで重要視されないようですね。もちろんお店(会社)の方針にもよりますから、全く意味がないとは言いませんが。

それよりも人柄や意欲、考え方といったような、一般的な人間性の方が重視されている様に私は思います。


資格はパン職人になってから取る方が多い

それではパンに関する資格は全く不要かというとそういうわけではありません。

パン職人になるのに資格が必須ではないというだけで、パン職人になってから資格が活用できるケースがあります。

例えば国家資格である製パン技能士は、パン工場で勤務する人が出世するのに必要という話を聞いたことがありますし、ベッカーマイスターという資格(一般には募集していない業界内だけの資格)は、資格そのものというよりも資格を取るための勉強を通してパン作りの知識や技術を高めることが出来ます。

いずれにしても、資格はパン職人になる「前」よりも「後」で取ることが多いように私は思います。


パン職人になるには必ずしも専門学校卒でなくてもOK

更に言えば、専門学校に行かなくてもパン職人になれます。

私自身、パンの専門学校には行っていません。普通の大卒です。

もちろん採用を行うお店(会社)の方針にもよりますが、複数店舗を経営しているようなパン屋さんの場合は総合職社員(店長候補)を雇い、育てていく必要がありますから、総合職社員として大卒の人を雇います。

ただ総合職社員と言っても、全くパンのことを分からずに店長は出来ませんから、最初のうちはパン職人として働くことになります。

反対に、小規模なパン屋さんの場合はどうしても即戦力を求める傾向にあるので、パン職人としての経験のある人を欲しがるようですね。

どちらにしても、専門卒であるかどうかはあまり問われないような気がします。


パン職人になるには他業種からの転職でもOK

先ほどの総合職社員として大卒を採用するのと同じような理由で、他業種からの中途採用を行っているパン屋さんもあります。

パンのことは分からなくてもマネジメント経験がある人は店長候補として採用し、パン職人として働いてパン作りを覚えてもらうわけです。

他業種でマネジメント経験があり、パン業界に転職を希望する人ってあまりいないと思うので、結構貴重な人財だと思うんですよね。

マネジメント経験が無かったとしても、中途採用を行っているパン屋さんならチャンスがあります。

私が今まで出会った中途採用された方の前職をいくつか挙げると、

  • 元デパートの販売員
  • 元老人ホームの雇われ院長
  • 元不動産営業
  • 元カフェ店員
  • 元銀行員
  • 元SE
  • 元鍵修理屋

などなど、いろんな業種から転職されてきた方々がいました。もちろん、全員がマネジメント経験があったわけではありませんよ。


パン職人になるにはパートやアルバイトでもOK

冒頭でも書きましたが、パン職人は「職人」という部分で敷居が高いように感じるかもしれません。それこそ、パートやアルバイトではパン職人になれないと思っていませんか?

そんなことはありません。パートやアルバイトでもパン職人になれます。

ただし、働きたいパン屋さんが「製造の求人」を出している場合に限ります。

パン屋さんでパートやアルバイトをするとなると、レジ担当になることが多いと思います。レジ担当も重要ですからね。

ですが製造の求人を出しているパン屋さんもあります。私が働いているパン屋さんもそうですね。

パートさんやアルバイトさんと一緒にパンを作りますし、ベテランのパートさんは社員顔負けの技術やスピードを持っている方もいらっしゃいます。

社員として働くのは無理だけど、パートやアルバイトとしてパン職人をしてみたいという方は、製造の求人を出しているパン屋さんを探すと良いと思います。


パン職人になるには諦めずに求人を探そう

ここまでのことをまとめると、パン職人になるには資格うんぬんではなく、シンプルに「パン屋さんに採用されること」が重要です。

新卒にしても、中途にしても、パート・アルバイトにしても、募集しているパン屋さんを見つけることが必要です。資格の心配をする必要はまずありません。

業界的に「経験のある人(同業種からの転職)」は優遇される印象はありますが、将来を見据えて、たとえ未経験であってもやる気のある人を育てていきたいという考えを持ったパン屋さんはあります。

どうしてもパン職人になりたい!という熱い思いをもっているのであれば、ぜひ諦めずにパン屋さんの求人を探してみて下さいね。

今回は「資格無くてもOK・専門卒でなくてもOK・他業種からでもOK・パート、アルバイトでもOK」ということを書きましたが、「全てのパン屋さんでそうなっている」ということではありませんので誤解の無いようにお願いします。
パン屋さん毎に考え方が違うでしょうし、こだわりを持って採用をしているパン屋さんもあると思うので、最終的には求人情報を良くチェックしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です