【世界のパン紹介】日本人向けのフランスパン「バタール」

どうも、Kenです。

今回紹介するパンはコチラ!

「バタール」です。

こういったパンは「フランスパン」として一括りで呼ばれがちですが、実はフランスパンの中にもいろんな種類があるんですね。

フランスパンの生地を使った様々なパンをひとまとめにして「パン・トラディショナル」と呼びます。そのパン・トラディショナルのうちの一つがこのバタールなんです。

パン・トラディショナルは同じフランスパン生地を使っているのに呼び名が違うんですね。これは何によってパンの名前が変わるかご存知でしょうか?

実は生地量(グラム)と形によって名前が変わるんです。本場フランスでは厳密にグラムと形(長さ)が定められているそうですが、日本では実は呼び分けは曖昧なんです。

本場フランスの定義で行くとバタールなのに日本ではバゲットと呼んでいたり、実は正確にはフィセルという名前なのにバゲットと呼ばれていたりします。

日本ではフランスの様に「グラムや形がどうだから名前はこう」みたいなことは無いので、ベーカリーが好きな名前を付けている場合が多いですね。

実際パン好きでなければ「フィセル」とか「パリジャン」とか言われても「え?フランスパンじゃないの?」となってしまいますから、比較的名前が知られているバタールやバゲットと名前を付けた方がお客様に分かってもらいやすいという理由もあると思います。

 

バタールの特徴

さて、バタールの特徴ですが、本場フランスの定義で行くと生地量は350グラムで長さは40センチが基本です。もちろん先ほども書いた通り日本ではそういった決まりはありませんから、ベーカリーが自由に名前を付けています。

バタールはフランスパン生地なので比較的硬く、表面(クラスト)がパリッとしています。中身(クラム)はフワフワでしっとりしていますが、配合上砂糖や油脂を入れないので食パンや菓子パンと比べると引きが強い食感です。

また、砂糖や油脂を入れないので老化(パンが硬くなること)するのが早く、袋に入れずに置いておくとすぐにカチカチになってしまいます。

バタールはクープ(切り込み)を3本入れることが多いですが、このクープの部分は特に硬くなるのでカチカチになったバタールのクープ部分は不用意にかじると口を切ることもあるんですよ。

一般的に西欧人は日本人よりも唾液量が多いので硬いパンでも問題なく食べられると言われていますが、日本人にとっては硬くなったフランスパンは少し食べ辛く感じると思います。

そういった理由から、日本では特にパン好きでもなければあまり食べる習慣の無いフランスパンですが、バタールはフランスパンの中でも比較的食べやすいと思います。

バタールは形がずんぐりとしているので中身(クラム)のやわらかい部分が多いため、日本人向きであると言えます。

 

おすすめの食べ方

おすすめの食べ方はスライスして軽くトーストし、食パンと同じようにバターやジャムを塗って食べるのがおすすめです。バタールのシンプルな味わいを感じられます。

他にもスープにつけて食べても良いですし、薄めにスライスしてトーストして上にお好みの具材をトッピングし、ブルスケッタの様に食べるのも良いでしょう。

残ったバタールはスライスして上に具材をトッピングし、チーズをのせて焼けばタルティーヌとして美味しく食べることができます。バタールのフレンチトーストも食パンよりもフレンチ液が染み込むのでおすすめです。

パンと一緒に美味しいコーヒーはいかがですか?

パンのお供といえばコーヒーという方も多いと思います。

私もコーヒーは大好きで毎日飲んでいるんですが、毎日飲んでいるとコーヒーを切らしてしまったり、淹れるのが面倒に感じてしまうことはありませんか?

そんな時にはお手軽に美味しいコーヒーが飲めるコーヒーマシンと、定期的にコーヒーを届けてくれるサービスが便利です。

お手頃価格が嬉しいコーヒーカードリッジ方式のコーヒーと、簡単に本格的な味が楽しめるカプセル方式のコーヒーがあるので、ぜひこちらからチェックしてみて下さいね!

ネスカフェ バリスタ【コーヒーカードリッジ方式】


ネスカフェ バリスタ【ネスレ日本公式】

ネスカフェ ドルチェグスト【カプセル方式】


コーヒーマシンが無料でレンタル!/ネスカフェ ドルチェ グスト

キューリグ【カプセル方式】


コーヒー通販 キューリグオンラインストア

こちらの3種類のサービスを比較してみたい方はこちらからどうぞ。

YouTubeでパン作り動画を公開中!