自宅で楽しむ初めてのパン作りにおすすめなのはコレ!パン作り初心者にぴったりの簡単おしゃれなパンとは?

どうも、パン職人Kenです。

昨今の社会情勢を受けて、多くの方ができる限り自宅から出ずに日常を過ごされていると思います。

ものは捉えようで、せっかく自宅にいるのだから家で出来ることで楽しもう、家で出来ることにチャレンジしようという前向きな方もまた多くいらっしゃると思います。

パン職人の私としては、こういった時だからこそパン作りを楽しむのもいいんじゃないかなと思います。

作って楽しい。見て楽しい。食べて美味しい。パンっていいでしょ?

今回は自宅で楽しむ初めてのパン作りにぴったりなパンの中から、簡単でおしゃれなリュスティックについてお話していきますね。

 

そもそも「リュスティック」って何?

リュスティックそのものについては別の記事で説明していますので、ぜひそちらもご覧ください。この記事からレシピもダウンロードできます。

【レシピ付き】捏ねずに作るフランスパン?リュスティックの作り方

2019年7月1日

簡単に言えばリュスティックはフランスパンの仲間です。

使う材料は中力粉(準強力粉)、イースト、塩、水の4種類だけです(できればモルトシロップも入れた方がきれいな焼き色が付きますが)。

普通のフランスパンの様に細長い形ではなく四角い形をしていて、発酵によって生み出されるいい香りと口どけの良い中身の部分(クラムといいます)が魅力的なパンです。

そのまま食べても良し、サンドイッチにしても良し。シンプルながら美味しいのがリュスティックです。

 

パン作り初心者にリュスティックがおすすめな理由

なぜパン作り初心者にリュスティックがおすすめなのかというと、

  1. 生地を仕込む際にしっかり捏ねなくてもOK!
  2. 難しい成形がない

主にこの2つの理由があるからです。

リュスティックは捏ねずに作る

リュスティックというパンの生地はパンなのに捏ねません。

これがリュスティックと他のパンとの最大の違いだと思います。

例えば食パンやバターロールなどは生地がふんわりと膨らむように強力粉を使い、しっかりと捏ねる必要があります。

しっかり捏ねることで生地の中のグルテンが十分に作られ、生地が滑らかになり伸びやすくなります。これによってイーストが作り出すガスをしっかりとグルテン膜がキャッチし、ふんわりと膨らみます。

でも、生地を捏ねるのってなかなかの重労働ですよね。

ホームベーカリーや家庭用ミキサーをお持ちの方は問題ないと思いますが、お持ちでない方も多いはず。そうなると手で捏ねることになりますがなかなか大変ですし、バターロールなど油脂を大量に入れるパンは生地のべたつきがすごいので難易度が高いです。

その点、リュスティックは捏ねる必要がないので楽チンなんですよ!

リュスティックは成形しない素朴なパン

パンの成形って難易度の高い作業の一つだと思います。

例えばあんぱんやクリームパンなどの中に具材を入れるパンの場合は「包餡」という包む作業が必要です。

でも、包餡って結構難しいんですよ。

包む具材にもよりますが、柔らかいもの、水分があるものは包みづらく、閉じしろの部分についてしまうと上手く閉じてくれません。

また、細長いフランスパンも包餡こそしませんが上手に焼き上げるためにはかなり気を遣って成形する必要があります。

しかしリュスティックの場合、成形をしません。

発酵を終えた生地を好みの大きさに分割し、そのまま更に発酵させて焼けばリュスティックの完成です。

成形しない分生地の中にガスが残り、香りが強く口どけの良いパンになるんですよ!

 

自宅でリュスティック作りを楽しむ時の注意点3つ

自宅でリュスティック作りを楽しむ際の注意点が3つあります。それは、

  1. 時間がかかる
  2. 乾燥対策が必須
  3. 焼く際には蒸気を

この3点です。

リュスティックは時間がかかるパン

パン作りは全般的に時間がかかるものですが、リュスティックをはじめとしたフランスパンは特に時間がかかります。

リュスティックの場合、仕込み始めてから焼き上がるまでに3時間半~4時間程度かかります。

ただ、4時間ずっとつきっきりで作業するわけではないので、何か他のことをしながらゆったりとパン作りを楽しむことも出来ますよ。

乾燥対策が必須

パン生地は非常に乾燥に弱く、乾燥してしまうとパンが上手く膨らまず食感や見た目が悪くなってしまいます。

リュスティックは一次発酵を長時間とるため、その分乾燥にも十分注意しないといけません。

濡れ布巾を被せて乾燥を防いだり、上手く霧吹きを使って水分を補ってあげる必要があります。

焼く際には蒸気が必須

リュスティックに限らず、フランスパンは焼く際に蒸気が必須になります。

スチームにはどんな効果があるの?フランスパンを焼く際にスチームが絶対に必要な理由とは

2020年4月16日

最近の家庭用オーブンにはスチーム機能がついているものも多いので、お持ちのオーブンにスチーム機能がついていれば必ず焼く際に蒸気を出すようにしてください。

また、スチーム機能がついていなくても霧吹きを多めに吹きかけて焼いたり、焼く直前にオーブン内に霧吹きを吹きかけて蒸気を発生させたりなどのちょっとした工夫で上手に焼くことが出来ます。

 

自宅でパン作りを楽しもう!

今回は自宅で楽しむ初めてのパン作りでおすすめのパンとして、リュスティックを紹介しました。

自宅で過ごす時間が多くなる今日この頃ですが、この機会に自宅でのパン作りを趣味にしてみるのはいかがでしょうか?

自分でパンを作るのはとても楽しいですし、上手に焼けたパンを家族やお友達に食べてもらえたら、そして美味しいと言ってもらえたら嬉しいですよね!

ぜひ自宅でのパン作りを楽しんで下さいね!

YouTubeでパン作り動画を公開中!