食パンの数え方である1斤2斤の「斤」って一体どういう意味?

パンの数え方は普通1個、2個と数えますし、フランスパンなどの長細いパンなら1本、2本と数えますよね。ですが、なぜか食パンに関しては1斤(きん)、2斤と数えます。これって不思議に思ったことはありませんか?

私は就職するまで食パンを1斤(きん)、2斤と数えることすら知りませんでしたが、なぜ食パンだけこう呼ぶのか不思議で仕方ありませんでした。

この理由を調べると実は歴史を紐解いていくことになるのですが、パン作りに携わるのであれば豆知識としてぜひ知っておきましょう。

 

1斤2斤の「斤」とは「あること」の単位

さて、食パンを数える時のみ使われる「斤(きん)」という単位ですが、実はこの「斤」とは尺貫法(長さの単位に尺、重さの単位に貫を用いる)の重さを表す単位の一つなんですね。つまり食パンを数える時の1斤2斤とは食パンの重さを表す数え方ということなんです。

かつては重さの単位の一つとして「斤」が用いられ、日本においては「1斤=600g」と定められていました。

現在日本では「斤」は食パンを数える時のみに使われる単位になっています。

 

食パン1斤って600gなの?

ここまで聞くと食パンを作ったことのある方なら疑問に思うはずです。

普通3斤型で食パンを作る時は1玉230g~240gの生地を6玉、もしくは1玉180g前後の生地を8玉入れることが多いです。つまりどちらにしても1斤当たり焼成前で約480g、焼成後は水分が飛ぶので400g程度のはずです。

食パン1斤が600gだとしたら計算が合いませんよね。

実は食パン1斤当たりの重さは時代と共に少なくなり、現在では公正競争規約によって食パン1斤は340g以上と定められています。ですから食パン1斤が約400gでも問題ないんです。

今回はちょっとしたパン作りの豆知識をお届けしました。日常で活かせる場面はあまりないかもしれませんが、パン作りに携わる者として知っておきましょう!

 

【参考】おすすめの食パン型

参考までにおすすめの食パン型を紹介します。

家庭でのパン作りの場合、食パンを作る上で一番問題になるのは焼成時の火通りです。

家庭用オーブンだと火力が心許ないので、どうしても低い温度で長時間焼くことになってしまいます。そうすると水分が飛び過ぎてパンの耳がカッチカチになり、中身もパサパサになりがちです。

それを軽減するための工夫として、食パン型はできるだけ小さいものを選んだ方が良いでしょう。そちらの方が火通りが良くなります。プロの現場では生産量を考えなければいけないので主に2~3斤型を使いますが、そもそも3斤型は家庭用のオーブンには入りませんからね。

ですのでおすすめは1斤型、大きくても1.5斤型までにしておいた方が安定した質の食パンを焼けるはずです。

こちらは1斤型です。

タイガークラウン パン型 シルバー 96×192×97mm フタ付パン焼アルスター1.0斤 アルミメッキ スライド蓋 1660

こちらは2斤型。


タイガークラウン パン型 シルバー 105×228×117mm フタ付パン焼アルスター1.5斤 アルミメッキ スライド蓋 1661

ちなみに食パン型はあまりにも安いものはおすすめしません。一番の理由は耐久性です。

食パンは焼き上がったらすぐにショックと言って軽く型を叩き付け、衝撃を与える作業が必須になります。もちろん軽くなので安物でもすぐに壊れることはありませんが、長く使うのであれば何度ショックしても耐えられるようなものにした方がいいですね。

YouTubeでパン作り動画を公開中!