食パン手作り派にはあると便利な家庭用パンスライサーとは?

どうも、パン職人Kenです。

あなたは食パンは何枚切り派ですか?

もちろん好みなのでお好きな厚さで食べるのが一番良いと思いますが、食感や香りを楽しむには食パンは5枚切りが良いと言われています。

袋入りの食パンなら既にスライスされていますし、パン屋さんで買う場合も好みの厚さでスライスしてもらえるので便利ですね。

ですが食パンを手作りするとスライスに困ったことはありませんか?

パンナイフでスライスするにもきれいに切るのは難しいですよね。

そんな時は家庭用のパンスライサーがあるととても重宝します。

 

パンのスライサーとは?

パン屋さんで食パンをスライスしてもらった経験はありますか?

よくレジの横やレジの裏においてある大きな丸い刃のついた機械がそうです。

こういうやつですね。

 
パン屋さんで見かけたことはありませんか?

こういった電動スライサーがあるとパンをスライスする時にきれいに切れるのでとても便利です。

ですが業務用の電動パンスライサーとなるとそれなりの金額がしてしまいます。

ですのでもっと手軽に購入できる家庭用の電動パンスライサーや、電動でないもっと簡単なパンのスライス用道具を紹介していきます。

 

業務用よりもお手軽な家庭用パンスライサー

実は電動パンスライサーにも家庭用のものがあるんです。

それがこちら。

 
業務用よりも安いので普段から自宅で食パンを焼く方や、食パンはブロックで買って自分でスライスしたい方には良いと思います。

この電動スライサーはパン以外にも野菜やハムなどのスライスにも使えるようですが、レビューを見るとあまり高負荷がかかるものは良くないようです。

パンをスライスする分には問題ないようですけどね。

自分でスライスすると好みの厚さにできるのが良いですよね。

大人用は5枚切り、小さなお子さんは6枚切り、サンドイッチ用に10枚切りなど、自由自在にできるのが良いですね。

 

家庭用電動パンスライサーよりも更にお手軽な食パンカットガイド

電動パンスライサーは非常に便利なのですが、不便な点もあります。

安いといってもそれなりにするので使用頻度が低いとコスパが悪い点や、大きめの音がする点、手を切ってしまう危険がある点などです。

なのでもっとお手軽にきれいにスライスをしたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが食パンカットガイドです。

 
これはパンナイフを使って手動でスライスするのですが、均一な厚さでまっすぐスライスするためのガイドになっているんですね。

手動なので切り口が多少荒れたり、完璧にまっすぐスライスするのは難しいですが、何と言っても安くてお手軽です。

そこまで使用頻度は高くないけど必要な時があるという場合はおすすめです。

 

食パンのスライスに適したこだわりのパンナイフ

食パンカットガイドを使う際にはパンナイフが必要になります。

パンナイフは100円ショップでも売っている時代ですが、本当に質の良いパンナイフは切れ味も良く、パンを潰さずにきれいに切ることが出来ます。

特にサンドイッチを作る際には良いパンナイフを使うと本当にきれいにカットすることが出来るんですよ。

おすすめなのは持ち手が刃よりも上の方にズレてついているタイプ。

 
このパンナイフは本当に質の良いものなのでいいお値段がしますが(家庭用電動パンスライサーよりも高い!)、同じような形でもっと安いものもあります。

 
この形が良いんですね。持ち手が上の方にズレてついているのでしっかりと下まで切ることが出来ます。

もしちゃんとしたパンナイフをお持ちでないのであれば、一つ持っておくと見た目にも美味しいサンドイッチを作ることが出来ますよ!

パンと一緒に美味しいコーヒーはいかがですか?

パンのお供といえばコーヒーという方も多いと思います。

私もコーヒーは大好きで毎日飲んでいるんですが、毎日飲んでいるとコーヒーを切らしてしまったり、淹れるのが面倒に感じてしまうことはありませんか?

そんな時にはお手軽に美味しいコーヒーが飲めるコーヒーマシンと、定期的にコーヒーを届けてくれるサービスが便利です。

お手頃価格が嬉しいコーヒーカードリッジ方式のコーヒーと、簡単に本格的な味が楽しめるカプセル方式のコーヒーがあるので、ぜひこちらからチェックしてみて下さいね!

ネスカフェ バリスタ【コーヒーカードリッジ方式】


ネスカフェ バリスタ【ネスレ日本公式】

ネスカフェ ドルチェグスト【カプセル方式】


コーヒーマシンが無料でレンタル!/ネスカフェ ドルチェ グスト

キューリグ【カプセル方式】


コーヒー通販 キューリグオンラインストア

こちらの3種類のサービスを比較してみたい方はこちらからどうぞ。

YouTubeでパン作り動画を公開中!