パン作りの工程を学ぼう|パンが焼きあがるまでの流れについて

どうも、Kenです。

今回はパン作りの基本として、実際のパン作りの工程を知り、パンが焼きあがるまでの流れについて学んでいきましょう。

新人職人のともこさん
パン作りの工程って一体どんな流れで進んでいくんですか?
Ken
パン作りは大きく分けて

  1. 仕込み
  2. 一次発酵
  3. (パンチ)
  4. 分割・まるめ
  5. 二次発酵
  6. 成形
  7. 最終発酵
  8. 仕上げ
  9. 焼成

この9工程から成っているんだよ。

新人職人のともこさん
へー、なんとなくは分かっていたんですけど、やっぱりパン作りって手間暇かかる作業なんですね。
Ken
そうだね。パン作りでは何と言っても「発酵」が大切なんだ。発酵には時間がかかるのでパン作りはどうしても時間がかかってしまうものだけど、時間をかけて発酵させることで生まれるパンのおいしさは特別なものがあるよね。

 

図で見るパン作りの全工程

先ほどはパン作りの9工程をリストアップしましたが、図で示すとこのようになります。

それぞれの簡単な説明は以前の記事に書いてありますのでこちらをご覧ください。

パン作り初心者はまずここから覚えよう|覚えておきたい専門用語

2018年2月26日

今後それぞれの工程についてもっと細かく説明していきますね。

 

パン作りはある「二つのこと」を繰り返している

新人職人のともこさん
図で見るとパン作りの流れが分かりやすいですね!一つ一つの工程についても詳しく教えて下さいね。
Ken
もちろん!それぞれの工程についてもしっかりと学んでほしいので一つ一つ別々の記事でじっくりと説明していきますね。
新人職人のともこさん
先生、ところでさっきの図は①~⑦まではピンク色と水色が交互に色分けされていますけど何か意味があるんですか?
Ken
良いところに気が付いたね。これはそれぞれの工程時に生地がどんな状態になっているかを色で表したんだ。

  • ピンク色は生地が締まる工程
  • 水色は生地がゆるむ工程

なんだよ。パンはこの「締まる」と「ゆるむ」を交互に繰り返すことで良い生地の状態を保つことが出来るんだ。パン作りの工程はほとんどこのようになっているので覚えておくといいよ!

新人職人のともこさん
「締まる」と「ゆるむ」の繰り返しですね。分かりました!

パンと一緒に美味しいコーヒーはいかがですか?

パンのお供といえばコーヒーという方も多いと思います。

私もコーヒーは大好きで毎日飲んでいるんですが、毎日飲んでいるとコーヒーを切らしてしまったり、淹れるのが面倒に感じてしまうことはありませんか?

そんな時にはお手軽に美味しいコーヒーが飲めるコーヒーマシンと、定期的にコーヒーを届けてくれるサービスが便利です。

お手頃価格が嬉しいコーヒーカードリッジ方式のコーヒーと、簡単に本格的な味が楽しめるカプセル方式のコーヒーがあるので、ぜひこちらからチェックしてみて下さいね!

ネスカフェ バリスタ【コーヒーカードリッジ方式】


ネスカフェ バリスタ【ネスレ日本公式】

ネスカフェ ドルチェグスト【カプセル方式】


コーヒーマシンが無料でレンタル!/ネスカフェ ドルチェ グスト

キューリグ【カプセル方式】


コーヒー通販 キューリグオンラインストア

こちらの3種類のサービスを比較してみたい方はこちらからどうぞ。

YouTubeでパン作り動画を公開中!